防犯対策で身を守る

強盗や空き巣被害、ストーカー被害など、住居への不法侵入による事件、女性を狙った犯罪等は後を絶ちません。
一人暮らしをしているという女性やお子さんの場合は特に、自分が事件に巻き込まれてしまわない為にも、防犯対策はしっかりとしておく必要があると言えるでしょう。
防犯対策をするためには、このようなポイントを押さえておくことが大切です。

まずい絵に関しての防犯のポイントは、戸締まりに関してです。
外出時に戸締まりをすることはもちろん、室内居る場合でも、必ずカギを掛ける習慣を身に着け、外出時や眠る時には、家中の戸締まりを改めてしっかりとチェックしましょう。
空き巣被害の中には、窓を開けたまま出かけたことによる、戸締まり不足が原因で起こることも珍しくありません。
たとえ高層階に住んでいたとしても、油断をせずにしっかり戸締まりをする習慣を身に着けてください。
他にも、可能であればSECOM等の防犯対策機関に登録をしておくことを推奨します。
こういった家は、自然と泥棒などが寄り付かない傾向がありますので、防犯対策には欠かせないと言えるでしょう。
多少お金がかかりますが、安全には変えられないと考えてみて下さい。

他にも、ありきたりではありますが、年齢に関係なく防犯ブザーなどを身に着けておくことや、お子さんの場合は知らない人についていかないように教育しておくなど、簡単にできる防犯対策はいくつかありますが、特に重要な、外出時の戸締まりのポイントや帰宅時の防犯ポイントを、次ページから紹介していきます。